カキノタ:工作&DIY

ダンボールや木材、牛乳パック、100均アイテムなど、身近な素材を使って工作しています。

作ったもの

撮影キットの自作

2013/03/31

スポンサーリンク


デジカメでブログにアップする写真を撮影したり、オークションに出品する商品画像を撮影するための撮影キットを自作しました。

画像:撮影Box_1

作り方はネットにたくさん情報があるので細かくは書き残しませんが、簡単に記載しておきます。

材料

  • ダンボール
  • アルミホイル
  • 白い紙
  • トレーシングペーパー

ダンボール

お好みのサイズのダンボールを用意します。筆者は縦26cm x 横32cm x 高さ24.5cmのものを使いました。

アルミホイル

ダンボールの横面に合わせて適当に貼り付けます。

白い紙

ケント紙がいいようですが100均に売ってなかったので模造紙にしました。ちょっとサイズが足りなかったので、購入するなら大きめのものを選んだほうがいいです。

トレーシングペーパー

照明ライトを上から照らすので透けてる紙のほうがいいようです。半紙でもたぶんOK。

作り方

構造は単純なので特に説明は不要だと思います。上記のような材料を集めてテープで貼り付ければ簡単に作れます。

開閉式

ダンボールの上の部分に切り込みを入れて開閉式にしました。上の蓋を開けて写真を撮影できたり、背の高い物にも一応使えるようになりました。

画像:撮影Box_2

感想

今まで影が写ってしまって写真撮影が面倒でしたが、これのおかげでかなり楽になりました。プロの方が使うようなレフ板や撮影スタジオのような機能が自宅でも実現でき(若干ですが...)、しかも簡単に作れるのでおすすめです。

参考リンク

スポンサーリンク

-作ったもの