カキノタ:工作&DIY

ダンボールや木材、牛乳パック、100均アイテムなど、身近な素材を使って工作しています。

スポンサーリンク

インテリア・収納 ダンボール工作 作ったもの

ダンボールで収納箱を自作

投稿日:2014年3月18日 更新日:


画像:ダンボールで収納箱を自作

画像2:ダンボールで収納箱を自作

画像3:ダンボールで収納箱を自作

ダンボールを4枚貼り合わせて1枚の板にしたものを5つ作り、それらを組み立てて箱にしました。合計2つ作成。

厚みは部屋のカラーボックスに合わせて1.5cm。サイズもカラーボックスの1つ分に合わせました。A4ファイルが入る大きさにしておくと使い勝手がいいと思います。

価格重視のため、生地を貼ったりとかはしていません。よって、材料費はほぼゼロ。

強度も十分実用に耐えられそうです。本棚としても使えるでしょう。

メリット

  • 軽い!木の箱だと結構重いので紙製の軽さは少し感動をおぼえます。
  • 安い!ダンボールさえ用意できればあとはボンドとテープ代ぐらいです。
  • 柔軟性。自分の好きなサイズで作れます。お金を惜しまないのであれば綺麗な生地や装飾紙で作れます。
  • 自作の喜び。

デメリット

  • ダンボールは切り口がデコボコしたり汚くなりやすい。
  • 木製のものと比べると強度が低く、傷みやすい。
  • 時間の消費。時給で計算したら数千円以上だったりする。労力を考えると得でもない。

筆者はお徳用のボンドを使っているのでいつも気兼ねなくボンドを使っていますが、50mlしか入ってないようなものだとすぐになくなってしまうので工作をたくさんする人はお徳用を買ったほうがいいと思います。ホームセンターだと500円ぐらいです。

ただ、工作をしまくっている筆者ですら1年以上使っても半分以上余っているので、普通の方は1kgぐらいで十分でしょう。

スポンサーリンク

-インテリア・収納, ダンボール工作, 作ったもの

執筆者:

Pick Up

手作り電池ボックス

厚さ3mmの板、M4ボルト・ナット、リード線で自作した電池ボックス(ケース)です。 後ろの部分が取り外せるので電池の出し入れがしやすく、電流のスイッチ(On/Off切り替え)ができるようになっています …

ダンボールでカラーボックスを自作

最長辺70cmのサイズのカラーボックスを作りました。厚み1.5cm。 ダンボールはこの時のためにストックしておいたものがあったのでそれを利用。3~4枚のダンボールを貼り合わせて1枚の板とし、それらを組 …

ナイロンジョープライヤーを自作

前回針金ハンガーをまっすぐに伸ばす際にラジオペンチで強くつかんで形を整えていると針金ハンガーに巻いてある黒いビニールが破けたりギザギザの跡が残ったりして嫌だったんですが、こちらのページでナイロンジョー …

自作折り紙ケース

折り紙のビニール袋はすぐに破れてしまうので折り紙ケースを作りました。 ダンボールで折り紙が丁度入るぐらいの大きさのケースを作り、装飾として上から友禅千代紙(約7枚)を糊付けしています。ファスナーテープ …

ポケモンのプラモデルを購入&組み立て – ミュウツー

バンダイのポケモンプラモコレクションNo.32ミュウツー。 シンプルな作りで接着剤や道具を必要とせず、説明書もとてもわかりやすかったので30分かからずに組み立てられました。 プラモデルの色がミュウツー …

Categories